住宅市場動向・統計」カテゴリーアーカイブ

マンション市場実需は12月も低迷、年間発売数2割減(近畿)

近畿圏マンション市場12月度と2019年(年間のまとめ)が発表されました(不動産経済研究所)。 秋以降急速に悪化した、実需ファミリー向け(発表データから1K~1LDK除き算出)物件の2019年発売総戸数は11,954戸に … 続きを読む

カテゴリー: 住宅市場動向・統計 | マンション市場実需は12月も低迷、年間発売数2割減(近畿) はコメントを受け付けていません。

マンション契約率、実需は大幅落ち込みー近畿11月

近畿の新築分譲マンション市場11月度は、実需向けが契約率51.3%に下落するという記録的な販売落ち込みとなりました。9月以降の急落に歯止めがかからず、発売戸数も先月の40%減に続き31.7%減(前年同月比)と大幅減少が続 … 続きを読む

カテゴリー: 住宅市場動向・統計 | マンション契約率、実需は大幅落ち込みー近畿11月 はコメントを受け付けていません。

10月マンション市場、購入心理悪化続き大苦戦(近畿圏)

不動産経済研究所から発表された10月の新築分譲マンション市場動向は、発売数が首都圏29.5%、近畿圏28.4%のマイナス(前年同月比・投資用含む)と9月に続き大幅な減少となりました。 しかも、発売戸数大幅減にかかわらず初 … 続きを読む

カテゴリー: 住宅市場動向・統計 | 10月マンション市場、購入心理悪化続き大苦戦(近畿圏) はコメントを受け付けていません。