住宅市場動向・統計」カテゴリーアーカイブ

新築マンション市場低迷続く(近畿圏3月度)

不動産経済研究所から17日に発表された2016年度近畿圏マンション発売戸数は、24年ぶり低水準となる1万8359戸で3年連続2万戸割れとなりました(日経新聞)。近畿圏では好調な1Kタイプなど投資用分譲物件が含まれているの … 続きを読む

カテゴリー: 住宅市場動向・統計 | 新築マンション市場低迷続く(近畿圏3月度) はコメントを受け付けていません。

新設住宅着工戸数、貸家の勢い止まらず(2017年1月近畿圏)

1月末に発表された「2016年(暦年)の総合計着工総戸数」によると、2016年住宅着工総戸数は前年比6.4%増の96万7,237戸で2年連続の増加となっています。これはリーマンショック(2008年9月)により大幅に落ち込 … 続きを読む

カテゴリー: 住宅市場動向・統計 | 新設住宅着工戸数、貸家の勢い止まらず(2017年1月近畿圏) はコメントを受け付けていません。

新築マンション市場動向、近畿圏の1月が堅調?

不動産経済研究所から1月のマンション市場動向調査が発表され、近畿圏の新築マンション発売戸数が26年ぶりに首都圏を上回ったと新聞各紙に大きく報道されました。しかし「首都圏は高値で客離れ、近畿圏は郊外のファミリー物件中心に需 … 続きを読む

カテゴリー: 住宅市場動向・統計 | 新築マンション市場動向、近畿圏の1月が堅調? はコメントを受け付けていません。