近畿圏マンション市場2月、価格上昇しても好調継続

近畿圏2月度新築マンション市場は、発売戸数913戸(狭小型除く)初月契約率75.1%と販売価格高騰をものともせず前月に続き絶好調継続です。

高くなった価格でも需要は旺盛で高い契約率が続くため、マンションデベロッパーは供給数を絞り(前年同月比14.7%減)、時間をかけて売る方針のように見えます。
とにかく契約内容も低価格帯から高価格帯まで満遍なく売れるという、供給側に理想的な展開と言えるでしょう。

大阪府下、兵庫県下のファミリー型3,4LDKタイプが、先月同様好調で関西マンション市場を牽引

地域別販売戸数

価格帯別グラフにコロナ禍前2019年2月契約率も入れてみると、コロナ前と状況が大きく変わっていました。苦戦していた高価格帯物件販売がコロナを奇禍として(?)、安定した売れ行きに変わっているのです。

価格帯別

高額タワーマンションも以前のような首都圏投資家などの仮需的な買いは減っていると感じますが、物件次第とはいえ順調な販売状況です。

先月不振を極めた首都圏も2月は復調しています。

首都圏近畿圏

◆近畿圏2月の指標(ワンルーム等コンパクト型含む)です。1戸当り平均価格も1㎡当り単価もかなりの上昇です。

・発売戸数:1,378戸(前年同月比19.8%減)
・契約率:79.2%(前年同月比0.7ポイントアップ)
・1戸当り価格: 4,433万円(前年同月比12.1%アップ)
・1㎡当り単価: 79.1万円(前年同月比8.2%アップ)

◆関西中古マンションの状況

関西の中古マンション2月度成約件数は1,491件と1月の大幅増の反動か前年同月比3.4%減となっています(近畿レインズ以下同じ)。

成約㎡単価は(新築価格に連動して)関西各エリアの多くが上昇し、顕著な上昇トレンドです。

当面、マンション市場は新築中古とも好調に推移するようです。






カテゴリー: 住宅市場動向・統計 パーマリンク