10月の住宅着工、予想を上回る10.4%増と高い伸び

10月度の新設住宅着工戸数は、前年同月比10.4%増の7万3174戸
と、予想(市場予想中央値5.2%増)を大きく上回り、8か月連続増加と回復基調が鮮明です(国土交通省発表)。

2年前の2019年同月比では1.1%増とコロナ前水準まで戻り、季節調整済み年率換算値は89.2万戸(前月比5.5%増)となっています。

持家が順調に伸び、懸念されていた貸家も好調に推移し、分譲にはばらつきがあるものの全体では年初から右肩上がりに伸びています。

着工戸数全国

withコロナで住まいへのニーズは変わってきており、当面持家着工は底固い動きが続くでしょう。

住宅着工件数推移

◆近畿圏は貸家の着工需要回復も、分譲マンション苦戦

近畿圏では持家とアパートなどの貸家着工が大幅増加となりましたが、分譲住宅特に分譲マンション着工が大きく減です。

持家と貸家はコロナ関係なしの2年前同月比でも高い伸びですが、分譲住宅は2年前同月比も(特に分譲マンション着工の)減少が目立っています。

近畿圏テキスト

本格的な冬を前に、給湯器の品不足が深刻化しているようです。スムースな着工のため、早期の混乱解消が望まれます。






カテゴリー: 住宅市場動向・統計 パーマリンク