新築マンション市場6月は繰越需要で絶好調(近畿圏)

近畿圏新築マンション市場6月度は、(狭小コンパクト型除いた)発売戸数前年同月比51.2%増の1,391戸、契約率は75.4%と、コロナ禍で繰り延べられた買い需要が爆発しています(不動産経済研究社)。

6月としては1,400戸近い大型供給にかかわらず、高い契約率で最近としては突出した結果です。価格上昇も関係ないほどの勢いを感じます。

過去5年6月

1~6月の動きからも、マンション市場はコロナ禍から完全に立ち直っているようです。

発売戸数と初月契約率

6月の価格帯別の発売数と契約率。高価格帯は発売戸数増も順調な販売状況。

首都圏マンション市場も順調そのもの(コンパクト型除く)。

近畿圏6月の指標(ワンルーム等コンパクト型ふくむ)。

・発売戸数1,731戸(前年同月比23.0%増)
・契約率    73.2%(前年同月比2.8ポイントアップ)
・1戸当り価格  4,572万円(前年同月比26.7%アップ)
・1㎡当り単価  73.2万円(前年同月比14.4%アップ)

近畿の6月は絶好調でしたが、1~6月の上半期で見ると2018年上半期のレベルには届いていません。

コロナ禍の影響のない製造業などの景況感は良いので、下半期も順風が吹きそうな感じです。






カテゴリー: 住宅市場動向・統計 パーマリンク