近畿の住宅着工、貸家が牽引しコロナ前水準に(4月)

2021年4月度新設住宅着工戸数は、前年同月比7.1%増の7万4521戸と2か月連続増加(市場予想中央値は3.5%増)、季節調整済み年率換算値では前月比0.3%増の88.3万戸となりました(日経新聞)。

前年比グラフ

ただ前年同月(の数字)は、新型コロナウィルスによるパンデミックによる異常値と言えるので、ここは2年前(2019年)の同月比も見ておくべきでしょう。

2年前同月比変動率では、全体総戸数はまだマイナス(▲6.2%)圏に沈んでいます。

ただ近畿圏については2年前同月比でも、アパートなど貸家の繰越需要が爆発し、一気にコロナ前の水準に戻っている状況です。

ようやくワクチン接種が進みだすなか、株式など膨らんだ金融資産を実物資産にシフトする動きが全国的に加速するのでないかと感じます。

不動産市場は低金利継続の追い風もあり、2021年の新設住宅着工件数は貸家、持家、分譲すべてで、10年ぶりの低迷に終わった2020年をかなり上回ることになりそうです。

ウッドショックなどの懸念材料はあるものの、2年前の2019年(この年も消費税増税がらみで落ち込んだ)の90.5万戸超えを期待したいです。

年間着工数推移

特に近畿圏は、従来から貸家建設が住宅着工件数全体をを牽引してきていたので、この貸家がエンジンとなり全体着工戸数を伸ばしていくはずです。






カテゴリー: 住宅市場動向・統計 パーマリンク