近畿のマンション、12月はファミリー物件が快進撃

近畿圏マンション市場2020年12月度は、発売戸数が2,215戸(前月比70%増)、契約率78.8%、初月契約戸数1,745戸と絶好調というべき結果でした(ワンルーム・狭小型除く)。

発売戸数こそ、住友不動産の超大型物件の売出しがあった前年同月比3.9%減となったものの、比較的契約率の良かった3月や6月9月に比べても、発売戸数が倍近くある12月は圧倒的な内容です。

例年12月は、最も多くの売出しがあり活況となる月ですが、やはり2020年はよく売れています。

直近12月

この12月の好結果は、外周部ファミリー物件(と都市型コンパクト)の好調さによるものとされています(不動産経済研究所)。

コロナ感染第3波が拡大するなかでのファミリー向け物件快進撃は、コロナ後の住まいのあり方を暗示しているようです。今までの極端な都心、駅近、タワーマンション志向から、自然やゆとりを感じられる周縁部に住みたいというニーズの高まりを感じます。

発売戸数契約率

12月の各価格帯別発売数と契約率です(ワンルーム含む全物件)。前年同月と比べて(3000万円以下以外)総ての価格帯で高い契約率となっていて、4月5月で先延ばしされた需要が12月に爆発した感じ。

価格帯別

発売戸数が増え契約率も高いので、当然発売月に契約する戸数も増えました。結局、2020年を通してワンルームやコンパクト型は大きく契約戸数を減らしたものの、ファミリー系は前年比3.5%程度の減に止まっています。

契約戸数

◆首都圏もやや立ち直り傾向

11月は失速した首都圏マンション(実需)も回復の兆しがでてきています。

首都圏近畿圏

ただ、コロナ「第3波」の猛威による非常事態宣言は重く、またブレーキがかかるかもしれません。

近畿圏12月の指標。
またまたワンルーム、都市型コンパクト物件大量供給(900戸近く)があったので、平均1戸当たり価格や1㎡当り単価はダウンです。

・発売戸数3,105戸(前年同月比3.9%減)
・契約率    80.0%(前年同月比9.0ポイントアップ)
・1戸当り価格  3,913万円(前年同月比8.0%ダウン)
・1㎡当り単価  66.5万円(前年同月比6.1%ダウン)

京都市や京都府下で12月も532戸の発売がありました。ワンルームも多かったですが、何と2LDK以上の物件はほぼ即完(313/301)という驚異的な売れ行きとなっています。






カテゴリー: 住宅市場動向・統計 パーマリンク