近畿のマンション11月は好調、京都で投資用が活況

近畿圏マンション市場11月度は実需向けが好調(発売数1,299戸、契約率70.4%)でした。初月の契約戸数は915戸で、前月比約19%増、前年同月比では倍増と上出来となっています(以上ワンルーム・狭小型除く)。

発売と契約率

ただ、例年は発売数が多く盛り上がる12月は、コロナ第3波で自粛ムードが高まっていること、昨年の住友不動産「シティタワー大阪本町」のような超大型目玉物件もないことで、前年並みの大量の発売・契約は望めない状況です。

近畿圏11月度価格帯別の発売戸数と初月契約率状況。タワーマンションの売れ行きが鈍化するなか、需要の層が厚い4000万円台の物件供給が一気に増えました。このあたりの契約率が上向いて70%前後になっていくと市場がより活気づくでしょう。

消費税増税後の反動で苦戦した前年同月に比較して、今年11月のグラフは通常最も多いパターンになっています。

発売月に実際に契約できた戸数。6月以降概ね順調なペースで推移しており、今後はコロナ次第?という状況です。

価格帯別

◆首都圏は上昇トレンドが崩れ失速

近畿とは違い、コロナ禍でも堅調だった首都圏マンション(実需)が、11月は失速してしまいました。

首都圏近畿圏

東京都でのコロナ「第3波」の猛威もあり、首都圏新築マンション市場は繁忙期となる12月から新春にかけてブレーキがかかるかもしれません。

近畿圏11月の指標。
ワンルーム、都市型コンパクト物件の比率が下がったので、10月に続き11月も平均戸当たり価格の大幅アップが続きます。

・発売戸数   1,610戸(前年同月比7.9%増)
・契約率    69.3%(前年同月比9.2ポイントアップ)
・1戸当り価格  4,449万円(前年同月比26.0%アップ)
・1㎡当り単価  69.6万円(前年同月比10.8%アップ)

近畿圏では、投資・賃貸用のワンルーム・狭小型が、11月も大阪市などで発売戸数が絞られました。代わって京都市内が、発売戸数を増やす(販売絶好調)という状況になっています。

どうやら京都では、インバウンドによるバブル下に争奪戦を演じて取得したホテル用地が、マンション用地に転用されているような気配です。都市型コンパクトタイプに止まらず、実需向けタイプも今後供給増傾向になるように感じます。

例年、新春1月から3月は不動産販売の最需要期ながら、新型コロナの影響でマンション営業はまた大きく制約を受けそうです。特に新築は影響大となる可能性がある反面、小学校校区内など狭域で成約に持ち込める中古マンション販売は活況になるような気がします(マンション人気は根強い)。






カテゴリー: 住宅市場動向・統計 パーマリンク