近畿8月マンション市場、投資用は破竹の勢い実需は減速

近畿圏新築マンション市場8月は、新型コロナ禍で発売先送りされていたワンルーム系が大量供給され市場を席捲、都市型コンパクト型と合わせ、初月契約率94.7%742戸発売)とバカ売れとなりました(不動産経済研究所データから)。

一方、2~4LDK(実需向け)は契約率64.2%(875戸発売)と、投資用と30ポイント以上差がついてしまいましたが、全体としては、コロナ禍の混乱からマンション市場は落ち着きを取り戻したと感じる結果です。

下図は8月のタイプ別発売数割合グラフで、ワンルーム・コンパクト型がほぼ半分を占める特異(普通2~3割程度)な状況となっています。

円グラフ

ワンルーム・コンパクト型では、今まで供給の少なかった(はず)京都市内の物件が発売され人気でした。インバウンドバブルが弾けた京都は、ホテル建設ブームから投資用マンション建設へと流れに変わってきているのでしょう。
ただマンション市場のデータとしては、実需向けと投資用はデベロッパーも顧客も全く別物なので分ける必要があると思います(首都圏はワンルーム規制がある)。

ワンルームやコンパクト型を除外した、マンション発売数と初月契約率の推移。4月5月に発売を見送られた物件が秋以降順次発売になるかどうか注目です。

ファミリー向けグラフ

価格帯別の売れ行き状況。8月は(3000万台以下は別にして)どの価格帯もほぼ同じ位の契約率です。

価格帯別

8月発売物件で発売月に契約出来た戸数(ワンルーム系除く)。5月の落ち込みが大きいものの徐々に回復傾向にあります。案外新型コロナ禍は、不動産購入にとっては良いきっかけとなっているような気がします。

契約戸数

首都圏もやや立ち直り傾向か

価格が高止まりして低調だった首都圏マンション市場もようやく持ち直し傾向になってきたようです。都心部より(価格の安い)郊外部の供給が増えていけば、契約率も上がりそうな気配です。

首都圏近畿圏

近畿圏8月の指標。1R、都市型コンパクト含む平均値なので、あまり参考になりません。

・発売戸数   1,617戸(前年同月比20.6%増)
・契約率    78.2%(前年同月比6.7ポイントダウン)
・1戸当り価格  3,492万円(前年同月比14.3%アップ)
・1㎡当り単価  69.4万円(前年同月比6%アップ)

コロナ禍で実体経済はどん底でも、超金融緩和であり余ったお金が株式市場、高級車、不動産投資市場に流れ込むという状況はどう見ても危ういと感じます。実需はともかく仮需は何時までもこの活況が続くとはとても思えません。






カテゴリー: 住宅市場動向・統計 パーマリンク