住宅着工件数、年率換算で久々の80万戸割れ(2020年6月)

6月の新設住宅着工件数は前年比12.8%減の71,101戸で、季節調整済年率換算では79 万戸と10年ぶりに80 万戸を下回る水準となりました(昨年は90.5万戸)。

これで住宅着工件数は前年同月比12ヶ月連続の減少となり、特に今年に入っては3月(7.6%減)を除き2ケタの大幅減が続いています。

時系列

着工の先行指標となる住宅メーカー・アパート建築大手の受注は、前年比大きなマイナスで推移しており、7月以降も厳しい結果が続くでしょう。

テキスト

住宅業界は2019年後半からの消費税増税、今年は新型コロナによる雇用・所得環境の悪化と逆風がやみません。

利用関係別では、持家が23,650戸(16.7%減)貸家 26,666戸(13.0%減)とそれぞれ11ヶ月、 22か月連続減少です。

住宅着工持家

◆近畿は比較的落ち込みが少ない

近畿の2020年6月新設住宅着工戸数は、前年同月比▲3%の10,982戸でした。新型コロナ禍で着工減少のエリアが多い中、持家は大幅減少も貸家が少しプラスに転じ分譲住宅(一戸建て+マンション)も0.9%減にとどまっています。

前月に前年同月比倍増した分譲マンションは、反動減もなく前年並みの着工件数を維持しています。実需のファミリー型には底堅い需要があるようです。

本来なら今頃は東京五輪で大盛り上がりになるはずだったのに、新型コロナに翻弄され経済指標もひどい落ち込みをしています。7月22日公表の月例経済報告(月次)での住宅景況判断指数(受注戸数)です。

これだけ雇用や所得環境が悪化すれば、消費マインド回復には時間がかかるかもしれません(コロナ次第ですが)。






カテゴリー: 住宅市場動向・統計 パーマリンク