アフター・コロナの住居はマンションより「戸建て」が人気に

猛威をふるっていた新型コロナもようやくピークが過ぎ(第一波の)収束がみえてきました。重苦しかった日常生活にも、少しだけ明るさが戻りつつある気がします。

それでもこの3か月ほどのコロナ禍の生活体験は、今後コロナと共存するうえで簡単に忘れられるものではなく、生活様式や価値観に大きな影響をもたらすでしょう。

早速、不動産分野ではリモートワークも意識した(と思える)住宅選びへと変化がおきています。

共に東証一部上場企業で首都圏を地盤とする、都市型戸建て事業のオープンハウス社と分譲住宅事業のケイアイスター不動産社2社から5月販売実績に関するニュースリリースがありました。5月の成約実績で「戸建て」が新築及び仲介ともに前年同月比で大きく伸び、絶好調ともいえる販売状況になっているのに驚きました。

販売状況テキスト

アフター・コロナの住居選びでは、利便性重視のマンションに代わって、「戸建て」が人気というトレンドになっているということでしょう。

在宅テレワーク(リモート会議)や学校・塾のオンライン授業化の流れもあり、狭くとも書斎・個室が欲しいというニーズの強まりは、家でパソコンを使う頻度があがれば当然のことと思います。

4LDKで床面積100~110㎡位が普通の「戸建て」はマンション(3LDK・70㎡位が中心)より、部屋数が多い上、間取り変更などの自由度が高いことが大きいでしょう。
1階と2階に離れて距離がとれるのは仕事や勉強に都合がよいし、音に気をつかうマンションにはない強みです。

おそらく新築マンションが価格高騰から売れ行き不振、新規発売減の負のスパイラルに陥るなか、「質の良い戸建て住宅」志向は当面続くと思われます。

また、オープンハウス社からは、「コロナ禍を受けた住宅の意識調査」の調査結果も発表されています。

新型コロナウイルスの影響により、56.8%の人が戸建てへの魅力が高
まったと回答。「集合住宅」と比較すると上がり幅は2倍以上であり、
「戸建て」に魅力を感じている人が多いことがわかりました。
戸建ての魅力点としては、
1位:ライフスタイルに合わせて間取りを調節できるから(73.0%)
2位:隣人や上下階の騒音を気にせずに済むから(73.0%)
3位 自分の生活音を周りに気にせず住むから(72.0%)
が高くなっています。アフターコロナにおける戸建ての魅力ポイント
は、多様化するライフスタイルへの対応力がポイントになってきてい
ることがわかりました。(オープンハウス社)

家族の在宅時間が長くなることをきっかけとして、あるべき住まいの選び方ー住み心地(使用価値)重視の住居選びーに回帰していくのはいいことです。







カテゴリー: 不動産 パーマリンク