SREホールディングスの決算に想う

昨年12月東証マザーズに上場したSREホールディングス(旧ソニー不動産。以下「SREHD」)の2020年3月期の決算(連結)が発表されました。売上高3,850百万円、営業利益693百万円、経常利益717百万円、純利益473百万円で着地です。

3Qまで売上高が伸び悩むなか決算説明資料によると、仲介手数料25百万円の大型仲介契約や一棟収益マンション「スマートホーム」の売却価格アップという離れ業で、第4四半期(2020年1~3月)に全体の約40%の売上を確保するという驚異的な追い込みをみせたようです。

それでも、コロナ禍で経済活動に深刻な影響が出始めていた2月14日に開示(業績予想の上方修正)した、売上高4,103百万円には届きませんでした。

今回のSREHD社の決算に関する資料によると、祖業でもある不動産仲介業が今だにテイクオフできていません。

同社不動産事業(仲介と収益マンション施工販売)は、全売上高の83%(約32億円)を占める基幹事業ながら営業利益は138百万円に過ぎず、特に仲介は手数料収入2,017百万円ながら、営業利益はわずか8百万円となっているのです。

売上営業利益

それでも期待のAIクラウド&コンサルティングセグメントはまだ売上規模が小さく、どこまで市場が拡大できるかもやや不透明で、当面売上高の大半を不動産セグメントに頼る展開が続くでしょう。
2019年3月期と2020年3月期の売上高構成グラフ。

売上内訳

◆SREHDの仲介の立て直しは極めて難しい

コロナ禍でも仲介大手の決算は、三井のリハウス、東急リバブル、野村不動産アーバンネットは都内中古マンション活況を追い風に取扱件数や営業利益を順調に伸ばし、住友不動産販売も僅かな減収にとどまっています。仲介収入は物件引渡しで計上なので、3月にコロナ問題があっても当期は業績にあまり影響はないのです。

一方、SREHDの2020年3月期の仲介は全く冴えない結果(会社説明ではコロナ禍で失速?)で、来期はより悪化し大幅な減収減益かつ赤字計上見込むという悲観的な見通しとなっています。

大手との比較は酷としても、SREHDは仲介業で試行錯誤が続くものの、打つ手が無くなってきているのではないか(大口仲介に賭ける?)と思ってしまいます。、

昨年2019年の中古マンション市場は、国土交通省発表の中古住宅の販売量指数(2010年=100)でみても活況で、売買契約件数は増え価格も上昇と仲介業者には願ってもない追い風が吹いている訳です。

関東マンション指数グラフ

そんななかで、SREHDは6年続く好調な市況の波に乗りきれていません。今の事業戦略のままでは、アフターコロナでより厳しくなる仲介市場で浮上を期待するのは厳しいです。

同社は今後(最近の親会社ソニーと同じく)、市況に左右され安定しないフロービジネスの仲介や不動産販売中心の事業運営から、徐々にストックビジネスに軸足を移していこうとしていると感じます。

AIクラウド&コンサルティングの成長を待ちつつ、不動産セグメントはAIFLATの施工・販売や大口仲介で時間を稼ぎながら不動産証券化や投資運用業にソフトランディングしていくのを企図しているのでしょうか(難易度は高い)。

いずれにしても、親会社ソニーがこの子会社の株式上場で再評価益と売却益合わせ営業利益173億円を計上しましたが、上場は親会社のためだったと言わせないためにも、SREHDはこの端境期をうまく乗り切ることが重要となるでしょう。

言わずもがなですが、投資はくれぐれも自己責任で。






カテゴリー: 不動産 パーマリンク