今年はe-Taxで初めて確定申告

今回はじめてe-Taxで「令和元年分確定申告書」を作成し、送信まで行い完了させました(「ID・パスワード方式」を利用)。昨年までは、国税庁の確定申告書等作成コーナー(これもe-Tax)で作成したものをプリントアウトし、提出のみに税務署に行くというデジタル×アナログでやっていたものです。

ただ今年は、少しだけ入力に手こずりました。ちょっとイレギュラーな項目があるとその都度中断し、確認を繰り返すことになってしまい手間取りました。

e-Taxを使った実感は非常に楽な反面、人(所得内容など)によってはやりにくいと感じるだろうなということです。
パソコンの習熟度というよりは、税務に関する理解度の差によりこのe-Taxソフトの評価が変わるような気がします。

e-taxイメージ図

電子申告によるメリットは、何といっても添付書類提出を省略出来ることで、「マイナンバーカード(写し)」や「源泉徴収票」、「医療費の領収書」など添付して提出する必要がないのはすごく楽でした。
また、医療費の集計フォームでの自動集計も思った以上に簡単で便利(バックデータをきちんと作っておく必要はあるが)でした。

ID・PW方式

このID・パスワード方式は、一度税務署で本人確認をする必要があってもカードリーダーなどの準備が不要なので、これで電子申告する人は今後増える事は間違いないでしょう。
国税庁が電子申告を(特典をつけるなどして)強力に推進しようとしているので、早めに慣れておくのがいいかもしれません。

◆昨年度の中古住宅の譲渡所得申告はスムーズだった

昨年度は築古で取得費が不明の不動産譲渡所得があり、「市街地価格指数」などを基にした推計の取得費の相談や契約書紛失の経緯の説明などしたく申告受付会場に出向きました。

物件を仲介した大手業者(熱血営業S社)の担当は、取引後の税務には関心がないようでしたが、この辺をもっときちんとフォローした方が紹介など(ポスティングチラシより)売物件開発に効果があると(売却の話は必ず誰かとするものなので)思うのですが。

会場では、申告に必要な「譲渡所得の内訳書」と補足の説明書を用意し、譲渡所得の担当官にチェックしてもらいましたがこちらの話をよく聞いてくれ、丁寧な応対に驚いたのを覚えています。

税務署は、こちらが必要十分な準備して(かつ無茶なことを言わなければ)いけば非常に親切に対応してくれます。
最後の受付では何でe-Taxにしないのかと聞かれましたが、税務署側の電子申告普及にかける熱意のようなものを感じたものでした。






カテゴリー: その他 パーマリンク