新築マンション、都心タワマン発売なくコンパクト型中心(近畿圏8月)

近畿圏の新築分譲マンション市場8月度は、投資用のワンルームなどコンパクト型(1K~1LDK)が全供給数の52%にあたる698戸を発売、うち672戸を発売月に契約(契約率96.3%)するなど市場を席捲しました。(不動産経済研究所)。

8月のタイプ別供給戸数。1DK・1LDKのターゲットは投資家や単身者、2LDKはDINKSなど。
円グラフ
一方、それらコンパクト型以外では大阪市中心部の超高層タワーマンションの発売がなかったため、8,000万円超物件の発売は僅か3戸だけという珍事となっています。1億円以上の物件の契約ゼロというのもここ何年か記憶がなく、高価格帯が爆発的に売れた7月とは様変わりでした。

価格帯別

6,500万円~8,000万円の物件の契約率が良いのは、先月に続いてプラウドタワー堺東の好調販売によるものでしょう。

1K~1LDKタイプ除く一次取得者層向け物件は、発売数が多くないものの初月契約率が72.5%とまずまずの好調さを維持しました。消費税増税の影響は限定的だったようです。

実需向け

投資用除いて発売月に契約できた戸数推移。
初月契約数

また、一時1,000戸を大幅に上回っていた近畿圏の完成在庫も、徐々に減って880戸になっています。9月末までの引き渡しが可能ということで(こちらは消費税がらみで)動いているのかもしれません。

完成在庫

しかし何といっても新築マンション市場8月度のニュースは、低迷続きの首都圏が80%近い初月契約率で久しぶりに近畿圏を上回ったことでしょう(1R~1LDK除く)。人気の晴海フラッグ600戸売出しが効きました。

首都圏近畿圏

近畿圏8月度諸指標(投資用含むので参考指標)、例年どおり当月は発売数が少なめ。契約率が高いのと、1戸当り価格の大きなダウンは、コンパクト型投資用物件の発売が増えたからです。
ただ、ファミリー型よりスペックが落ちる投資用が増えても㎡当り単価がさほど変わっていないのは、それらの建築費が割高とも考えられます。

・発売戸数   1,341戸(前年同月比2.7%減)
・契約率    84.9%(前年同月比4.3ポイントアップ)
・1戸当り価格  3,054万円(前年同月比14.8%ダウン)
・1㎡当り単価  65.5万円(前年同月比2.8%アップ)

10月以降、超高層タワーマンションの発売が増えれば、関西の新築マンション市場も昨年と同じく年末にかけて盛り上がっていくでしょう。






カテゴリー: 住宅市場動向・統計 パーマリンク