タイガースの決算、減益も今季は好調

プロ野球「株式会社阪神タイガース」の決算公告(平成31年3月期)がでました。

前年(2017年シーズン)決算の、観客動員数300万人超えで阪神球団史上初の売上高200億円超えの快挙から一転、平成31年3月期は当期純利益が約8億円に止まりました。前期からは17%の減益となる決算です。やはり最下位に転落して後半戦に消化試合が増えたことが収益面で響いたようですが、それでも相当な最終利益を確保し球団経営は安定しています。
当期純利益の推移
純利益推移

順位は最下位でも顧客動員数は、巨人についで12球団中2番目という人気球団なので、チケット収入はそれほど大きく落ち込まず、売店収入やグッズ売上が減ったのでしょう。
トラ
12球団顧客動員数

セリーグ

決算公告。官報で公告される決算はBSのみで正確な売上高は不明です。概ね180億~190億円位の売上高ではないかと思われます。
決算公告

◆今シーズンは再び観客動員数300万人超えペース

矢野阪神になった今シーズンは、近本や木浪など新人の活躍などもあって前半戦は予想以上(?)の善戦で、セリーグ2位をキープしています(7月9日現在)。

6月末現在での、ホームゲーム1試合平均観客動員数は43,000人超えで巨人を抑えて12球団1の動員数です。
前半動員数

去年の金本野球は面白味が無く、殆ど甲子園に行きませんでしたが今年は明るくてエキサイティングな試合も多く結構足を運びます(巨人戦の高山代打サヨナラ満塁弾は最高でした)。

球場では近本や木浪などのレプリカユニフォームも良く見るし、梅ちゃんタオルの購入も頼まれることが多く、グッズの売り上げは好調なはずです。

原口の復活劇など話題性もあり、最下位に沈んだ昨シーズンのような消化試合が増えなければ、今シーズンの決算は好決算になるでしょう。






カテゴリー: その他 パーマリンク