葛城山のつつじ満開 2019.5.16

何年か振りに大和葛城山の「一目百万本」と言われるつつじの大群生を見てきました。近鉄南大阪線に乗るのも本当に久し振り(この線の車両は昔のままで懐かしい)。

つつじが見頃の時期には、バスやロープウェイなどが大混雑し山上まで行くのに、それぞれ長い時間待ちをするとネットにあったので、歩いて登る準備もしてきました。ただ実際には平日ということもあり、待ち時間も大したこと無くやや拍子抜けするくらいで、迷わずロープウェイで上がることにしました(今度の週末は大変かもしれません)。

(葛城山上駅から15分くらい歩くとそこにツツジの大群生が広がります。ちょっと感動)
つつじ

(葛城山まで)
9時半頃に近鉄阿部野橋駅を出て、尺土で乗り換え近鉄御所駅に10時半すぎ到着。
・近鉄御所駅発ロープウェイ行バス:ほぼ満員ですぐ出発

ロープウェイ前には11時頃に到着。ロープウェイは1台50人乗りで、2台のゴンドラがピストン輸送します。見ている範囲ではバスを降りた人の9割くらいと、車で来た人のほぼ全員がロープウェイ利用です。駐車場の入場待ちに10数台の車が並んでいました。
・ロープウェイ:30分待ち(整理券方式)

ロープウェイ前

◆ロープウェイを降りた後に坂がある

ロープウェイに乗り6分で葛城山上駅へ到着しますがつつじの群生地へは、そこから坂道を15分ほど歩きます。また山頂は風があり気温も下がっている感じ。

map




見晴らしのいいベンチで昼食。本当に気持ちいい。
山頂を散策して、帰りは2時半位にロープウェイ乗り場前で並びました。係員の話では5時くらいまで同じような待ち時間とのことでした。

・ロープウェイ:50分待ち(列に並ぶ)
・御所駅行きバス:ロープウェイを降りると臨時便のバスがすぐ発車。御所駅でバスを降りると近鉄尺土行の電車がすぐ発車

また、帰りにロープウェイに乗らず「櫛羅の滝」コースで下山した人が(結構軽装で)1時間半弱だったということなので、傾斜が急のようですが、自信があればこっちでの下山もありです。

今年は各地の桜も今回のつつじもいいタイミングで見ることができました。






カテゴリー: その他 パーマリンク