心斎橋の東急ハンズ入居ビル、日本リテールファンドが売却

日本リテールファンド投資法人(以下「JRF」)は、東急ハンズ心斎橋店がテナントとして入居する「大阪心斎橋8953ビル」の不動産信託受益権を売却しました。売却価格は149億円です。
東急ハンズ心斎橋店は大阪市内第1号店で、1999年のビル竣工時から1棟全体を借りるテナントとして営業しています。

このビルはJRFが2002年3月、143億円(土地約99億円、建物44億円)で取得したもので、今回149億円での売却により約27億円の売却益(2019年8月末時点想定帳簿価額は120億円)を得ることになります。

ちなみに、建物帳簿価額(2018年8月末時点)は 21 億円なので、約550坪の土地部分の価格が128億円、坪単価では約2,327万円強の取引になる計算です。

物件概要

広い長堀通に面する「大阪心斎橋8953ビル」(東急ハンズ心斎橋店)は、インバウンド需要に沸く心斎橋筋の少し東に位置し、地下鉄心斎橋駅から徒歩4分の所です。心斎橋筋にはJRFが保有するGビルシリーズがあり、賃料負担力の高いドラッグストアなどがそれぞれ主要テナントとなっています。

周辺図

この「大阪心斎橋8953ビル」に関してJRFは、リーマンショック後の2009年にテナントの東急ハンズから賃料減額訴訟を提起されました。しかし、5年ほどかかった訴訟は和解金を支払うなどでうまくソフトランディングできました(2014年)。

(過去記事:東急ハンズ賃料減額訴訟は和解

ただ、このビルは「商業立地としては心斎橋エリアの中では劣る立地。建物はテナント(東急ハンズ)仕様で汎用性が低い」(JRFのニュースリリース、売却理由)とされています。確かに広い長堀通に面していて大型バスも止めやすいこの立地は、ホテル併設の複合用途が最有効使用とは思います。

今回の売却はJRFにとって、市場環境やタイミングなど最善の出口戦略との判断でしょうが、巧みなファンド運用です。

JRFニュースリリース:国内不動産信託受益権の譲渡に関するお知らせ【大阪心斎橋 8953 ビル】

インバウンド需要をエンジンとして大阪は好況を呈しています。ただ最近、中国の新EC法や景気減速による影響なども報じられていますが、この大きなインバウンド需要は他力本願的な面があり気になるところです。

<関連コンテンツ>







カテゴリー: 商業施設 パーマリンク