電通大阪ビル跡はホテル併設の超高層タワーマンションか

東京建物が2017年12月に取得した、堂島の電通大阪ビル跡地(約4,800㎡)を、「堂島二丁目特定街区」として指定する都市計画案が発表されています。

街区に宿泊施設や、にぎわい・交流機能等を導入することより容積率の最高限度を1200%に引き上げ、建物の高さ限度を195mとするなどがその内容です。

この地区計画が決定すれば、分譲マンション「ブリリア」を中心にホテル、物販・飲食施設などで構成される複合型超高層タワーマンションが誕生するでしょう。

地区計画の決定により「堂島二丁目特定街区」は、建物の高さ限度が195mとなるので、住友不動産が7月に着工した、「(仮称)梅田曽根崎計画」による大規模複合タワーに匹敵する高さの高層建築物が可能となります。ただ、敷地面積が約6,800㎡あり延べ床面積も大きい「(仮称)梅田曽根崎計画」に比べると、ややスリムなビルになりそうです。

住友不動産の計画・・・(仮称)梅田曽根崎計画:地上56 階建て、高さ191m
 

 住友不動産の超高層タワーマンション(仮称)梅田曽根崎計画概要

東京建物による電通大阪ビル跡「堂島二丁目特定街区」の具体的な計画内容は発表されていませんが、その構成について勝手な予想をすると

・最上階含む数フロアー:分譲マンション
・高層部~中層部:ホテル
・中層部~低層部:分譲マンション
・1~3階:飲食・物販・文化ゾーン

みたいな構成になると面白いと思います。

「堂島二丁目特定街区」は交通利便性抜群で観光にもビジネスにも動きやすい好立地なので、ハイエンドのホテルが入居するのではないかと思います。周辺は雰囲気がよく、低層階に入るであろうカフェ、レストランなどの飲食系も賑わいを演出するでしょう。

いずれにしろ楽しみな計画ではあります。

(追記)住友不動産の「(仮称)梅田曽根崎計画」において、9~56階の共同住宅836戸は全戸賃貸住宅と報道されています。

(過去記事:東京建物が電通大阪ビルを取得





カテゴリー: 再開発 パーマリンク