月別アーカイブ: 2018年6月

新築マンション市場に暗雲、近畿圏は投資需要急減の兆し(5月)

近畿圏の新築マンション市場動向5月度が発表されました。発売戸数は前年同月比14.8%減の1,480戸、ファミリー層向け物件初月契約率が63.5%とかなりの落ち込みです。(6月14日不動産経済研究所) 同時に発表された首都 … 続きを読む

カテゴリー: 住宅市場動向・統計 | 新築マンション市場に暗雲、近畿圏は投資需要急減の兆し(5月) はコメントを受け付けていません。

三井不動産の「ららぽーと門真(?)」計画動きだす

三井不動産が2017年に約200億円で取得したパナソニックの旧AV機器事業拠点、門真市「南門真地区」で既存建物取り壊しが始まりました(建設ニュース)。 京阪本線と大阪モノレールの「門真市駅」徒歩圏で、約16万平方メートル … 続きを読む

カテゴリー: 商業施設 | 三井不動産の「ららぽーと門真(?)」計画動きだす はコメントを受け付けていません。

不動産の資産価値を左右するか立地適正化計画

今年に入って、放置している小さな相続物件(古家付土地)への売却勧誘DMがよく来るようになりました。どうやらその市で「立地適正化計画」が作成されたので、仲介業者が駅近物件収集活動を強化しだしたということのようです。 大都市 … 続きを読む

カテゴリー: 不動産 | 不動産の資産価値を左右するか立地適正化計画 はコメントを受け付けていません。