不動産テックで成功する企業はあるのか

以前の記事「AI(人工知能)と不動産テックとソニー不動産」に、今も少しアクセスがあるので不動産テックについては時々チェックをしています。しかし不動産テックはカテゴリーが多岐にわたり、それらが売買、賃貸、収益不動産などごちゃ混ぜになっていて非常にわかりずらくなっています。しかも、不動産実務を十分に把握・理解しないままIT系の発想で組み立てられたビジネスモデルが多いのです。現状では、不動産テック業界に参入しているベンチャー企業でも、特別な強みを持たないと成功するのはかなり厳しいように思います。

イメージ図

また不動産テックの代表格「中古マンション価格推定サービス」もデータをWebクローリングで集めている可能性があり、決して収益貢献が期待できるようなレベルのツールではないと思っていました。そんな時読んだヤドリギさんのブログ「日本の不動産テック企業のほとんどはただのスクレイピング屋である」は不動産テックベンチャー企業の本質をついた非常に鋭い指摘でちょっと感動しました。

それで思い出したのが、昔2001年頃ネットベンチャーが異常にもて囃されたITバブル(約1年間熱狂的なITブームが続きました)時代のことです。当時インターネットに大いに関心があり、2001年春頃ネットベンチャーのセミナーによく出かけましたが、創業者やビジネスモデルの胡散臭さに驚くことが多かったのを覚えています。ベンチャー企業への投資失敗例もかなりあったはずです。

現在は当時とは状況も違い、不動産テックでも業務支援領域や賃貸および収益用のカテゴリーにはかなりの可能性を感じますが、売買仲介領域ではまだ少し時間がかかるのではと思います。
それは、不動産売買に付随する「情緒性」というものを無視した、不動産未経験者による机上のビジネスモデルが多いからです。マンション売却にあたり、長年住んだマンションへの愛着やマンション内の仲良しグループの存在などで、できれば良い人に買って貰ってもらいたいという感情が売主にあるのが普通です。ネットでは「高く売ります(情報は拡散します)」というターゲティング広告ばかりですが、そこはソニー不動産に任せて「当社は丁寧な(カスタマイズして)売却活動をします」的な訴求も面白いかなと妄想したりします。




不動産テックにはクラウドファンディングというカテゴリーがあります。不動産テックを謳っての資金調達というのはあり得ないかもしれませんが、投資には健全な猜疑心を持って臨んだほうがよいでしょう。






カテゴリー: 不動産 パーマリンク