住友不動産の超高層タワーマンション(仮称)梅田曽根崎計画概要

住友不動産が計画する超高層タワーマンション「(仮称)梅田曽根崎計画」の「環境影響評価準備書・要約書」が環境アセスメント制度に基づき大阪市のホームページに掲載されています。(大阪市ホームページ

「(仮称)梅田曽根崎計画」は大阪北小学校跡地・曽根崎幼稚園跡地再開発事業として、ホテルや物販・飲食店舗などを併設する高さ193m、56階建ての複合タワーマンション計画です。竣工はまだまだ先ですが、高さ193mは現時点では梅田で最も高い建物となます。

去年7月に同じ環境アセスメント手続き「環境影響評価方法書」で確認した内容と今回の計画概要とでは少し変更などがありました。建築延べ面積も減っていますが注目は以下の2点です。

 ・オフィスはなし
 ・ホテルは中層部の4~8階に宿泊特化型約200室の規模

梅田地区のオフィス市況は比較的堅調でも、お初天神通り沿いという立地はオフィス用途にはやや弱いのかも知れません。また、高層部かと言われていたホテル部分は中層部となる4~8階に約200室の規模で入ります。ホテルブランドは住友不動産系列の宿泊特化型ホテルチェーン「ヴィラフォンテーヌ」と思われます。最上階のサービスアパートメント設置は見送られたのでしょう。

「(仮称)梅田曽根崎計画」施設配置。

今回の計画概要。2018年9月に着工し2022年3月に竣工予定です。

この梅田曽根崎計画の最大の強みはJRや阪急、地下鉄、阪神線の7路線7駅にほぼ雨に濡れずに行けるという利便性でしょう。

この超高層複合施設の柱であるタワーマンションの総戸数は1LDK~4LDKタイプ900戸です。竣工予定が2022年3月なので販売開始も当分先になるはずですが、非常に大きな販売戸数ではあります。利便性最優先のセカンド・投資用などは広域から相当な買い需要が見込めるでしょう。ただディンクスやファミリー層、リタイヤ世代の都心回帰層などをどう取り込むかが課題だと思います。同じ住友不動産で、敷地約6,000㎡とこちらも大規模開発となる中央区備後町タワーマンションプロジェクトと供給時期が重なるかもしれません。

「(仮称)梅田曽根崎計画」建物完成予想図。

断面図。住棟内に立体駐車場が組み込まれています。

低層部のイメージ。

計画用地の南西側から見ると大阪富国生命ビルや梅田阪急ビルオフィスタワーが間近です。写真はありませんがお初天神通りも中国人観光客(?)が多くてびっくりしました。

緑化計画です。道路沿いは見違えるように明るく綺麗になりより賑わいが生まれるでしょう。また2階部分にも庭園と四季折々の植栽が行われます。


この「(仮称)梅田曽根崎計画」は、長期間にわたる大規模プロジェクトのため、変化する不動産市況にあわせて今後も計画の修正があると思いますが、楽しみな計画です。

(過去記事:住友不動産、梅田の超高層タワーマンションは56階建て

<関連コンテンツ>







カテゴリー: 再開発 パーマリンク