ミナミの地価大幅上昇続く(2017年公示地価)

2017年公示地価で、大阪の商業地は今年も大きく上昇し全国の商業地上昇率の1~5位を大阪市が独占しました。特に2~3年前位から急上昇を始めたミナミでは、心斎橋筋や道頓堀など狭いエリアでの局地的な高騰が続いているという状況です。今年全国1の上昇率となった「づぼらや道頓堀店」の価格は2年で倍になっています。

大阪圏平成29年公示地価の要点
・商業地は4.1%上り4年連続上昇
・商業地都道府県別上昇率で2年連続大阪府が首位
・インバウンド効果のミナミが牽引した大阪市の商業地は9.0%上昇
・住宅地は横ばい

「爆買い」が減っても外国人観光客の数は増えており医薬品や化粧品、飲食などによるテナント収益性の良さが地価上昇を支えています。ミナミは狭い範囲で何でも揃うのがメリットと言われれますが、確かにキタのように立体的でなく平面で移動できるのは分かりやすいし楽です。

大阪の商業地高価格の上位5地点。クリサス心斎橋(旧Luz心斎橋)がグランフロント大阪南館に迫る勢いです。(価格は㎡単価)

全国1の上昇率だった「づぼらや道頓堀店」と昨年全国1の上昇率だった「ヤマハ楽器店跡」の地価推移です。東急不動産が取得した「ヤマハ楽器店跡」では今年冬の開業を目標に小型商業ビル建設中です。ドラッグストアではないかとも言われるテナントがどうなるのか注目です。


昨年政府は訪日外国人2020年に4000万人という目標を掲げました。昨年10月に2000万人を超えたばかりで凄く高いハードルのため達成するかどうかは微妙です。ただ外国人の旺盛な消費に拠るところが大きい大阪の地価にはこの政策によるバックアップは心強いでしょう。
(図の出典:SankeiBiz)

地価の動きは、公示地価(1月1日)と基準地価(7月1日)がありその共通地点で個人的に半年毎の地価定点観測をしており、グランフロント大阪南館がその定点です。グラフでは前半11.9%増が後半6.7%増と上昇幅は落ちてきています。ホテル用地需要も落着き、新築マンション市場動向など見ても昨年後半から失速気味です。

ミナミがこの勢いで上昇すればキタを逆転もという記事も見ましたが、大阪駅周辺はうめきた2期やなにわ筋線など夢のある再開発事業が控えています。うめきたに出来る新駅「北梅田駅(仮称)」にJR西日本、南海電鉄が乗り入れそして阪急電鉄も十三からの新線で相互接続する構想も浮上してきました。なにわ筋線で関空へのアクセスが改善すれば梅田はインバウンド効果で一段と進化することになるでしょう。そういったこともあり何となく2017年はキタが巻き返す年になるのではないかと思っています。

一方、大阪市の住宅地も去年と同じ0.5%の上昇でしたが、北区は紅梅町がマンション用地の取引が活発で9.9%上昇するなどで4.9%の上昇でした。南森町は古いビルなども多く、今後もマンション需要で地価は底固い動きが見込まれます。

ほぼ1年振りにミナミに行ってきましたが、とにかくドラッグストアが増えています。
相変わらず歩いている人の7割方は中国はじめ外国人観光客でしたが、たまたまでしょうが去年よりはやや少ない印象でした。

戎橋北詰のクリサス心斎橋。


グリコ背景に記念写真。

全国1の地価上昇地点となった、巨大なトラフグの提灯で有名な「づぼらや道頓堀店」。通りは大混雑でした。

ミナミの粉もんは外国人にも大人気でした。

(関連記事:ミナミの地価爆上げ(2016年公示地価)
(関連記事:大阪の商業地今年も全国一の上昇率、浪速区が急上昇


<スポンサーリンク>


<スポンサーリンク>

カテゴリー: 地価 パーマリンク