マンション駐車場にカーシェアのステーション

マンション管理組合にとって、駐車場の「空き」問題対策は大きな課題です。先日、天神橋に近い天神西町のマンション駐車場の一角がタイムズカープラスカーシェアステーションになっているのを見かけました。

時間貸しのタイムズ駐車場にある、タイムズカープラスのカーシェアステーションはよく見かけますし、郊外マンションでの(タイムズ24の)カーシェアリングも知っています。ただ、大阪市北区の南森町周辺のマンション駐車場で、こういうステーションが設けられているのを見たのは初めてです。

カーシェア-1

このマンションは主に単身者向け賃貸マンションで、当面駐車場区画が埋まるメドがないためこういう形で外部に貸し出されたのでしょう。南森町周辺で普通の単身者用マンション(ほぼ新築で賃料7~8万円)なら、社有車(駐車場代は会社負担)を使う人以外、駐車場利用者はほとんど出てこないと思われます。

カーシェア-2

当該マンションの隣には分譲マンションもありますが、このステーションはそういった入居者をターゲットにというより、近隣のビジネスパーソンの利用を見込んで設置されていると思われます。車種はフィットやヴィッツです。

カーシェア-3

分譲マンションの管理組合の悩みは(賃貸マンションもですが)機械式駐車場の「空き」増大による組合会計圧迫や設備更新費用の大きさにあります。こういった外部のカーシェアリングサービス導入で解決出来る問題ではありません。

ただ最近、利用者減と維持管理コストの関係で機械式駐車場撤去を撤去して平面駐車場にするというような話も聞きます。少子高齢化と車離れが進むなか、空き駐車場のあるマンションはこういった外部のサービス活用も、管理組合としての駐車場運営上参考になるのではないかと思います。ただし、管理組合が駐車場を外部に貸し出す場合には、収益事業として法人税等の納税義務が発生する場合があるので注意は必要です。
(タイムズカープラスのカーシェアのオーナー向けWebページ)

ちなみに、パーク24株式会社が昨年12月に開示した2015年10月期の決算では、前年の2014年に初めて黒字化したタイムズカープラス事業の売上高、営業利益が大幅伸長しており、それが好感されたのか株価は大きく上昇しました。

タイムズカープラスの実績推移

times-

カーシェアリング大手会社のなかでタイムズカープラスが突出した結果を出しているのは、コスト競争力というより、業界最大手として情報システム力に秀でている面が大きいのでしょう。



<スポンサーリンク>



<スポンサーリンク>

カテゴリー: 大阪市北区 パーマリンク