ヤフー&ソニー不動産、中古住宅の個人売買

ヤフーとソニー不動産による、中古住宅売買などの不動産関連事業における資本・業務提携が話題になっています。ヤフーといえば、10年ほど前「マザーズオークション」を運営する新興企業だった当時のアイディーユー(今は社名も変わり業態も違う会社になっています)と業務提携していたことを思い出します。今回の資本・業務提携もヤフー側がもちかけたそうです。

今回喧伝されているのは、「住宅を個人で値付けして売り出せる」というサービスです。

中古住宅を所有する個人が自ら価格を決め、無料でネットに物件情報を掲載できる。
買い手はサイト上で自由に情報を閲覧、比較して中古住宅を購入できる。(日経アーキテクチャ)

ヤフーソニー-2

上記の表で売主のメリットとされている「住宅を個人で値付けして売り出せる」ということが本当に売主にとってメリットのあるサービスと言えるのかは大いに疑問です。売主は当然高く売りたいので(特にソニー不動産は高く売り(れ)ますという訴求をしています)業者が査定する価格(普通に売り出される価格)よりも高く売りに出されることになるでしょう。その場合適時に適切な価格変更をしないと、売れないまま市場に滞留し、売買チャンスを逃してしまう可能性が出てくるのです。

一般的には個人の売主は、仲介業者に査定してもらい、そのアドバイスをもとに売出し価格を決めます。査定は取引事例法で査定する物件を事例物件と比較しポイント付けしながら導き出しますので、精度は高いです。(公開されている国交省などの取引事例データはアンケートなどによるもので必ずしも真の取引価格でない可能性あり)
こういった査定や価格設定のアドバイス抜きで、売主が自由に価格設定し市場に出された物件を、(安く買いたいはずの)買主側はどう見るのでしょうか。

いずれにしろ中古住宅は「鮮度」が命です。購買心理として売れ残っている物件より、新規に市場に出てきた物件に魅力を感じるのは当たり前です。滞留している物件は一旦「売れ残り物件」と見なされると、仮に適正な価格であっても何か瑕疵のある物件ではないかと思われたりして、大事な売り時を逃してしまいかねません。そういう意味で、売主の(相場から乖離した)希望価格での売出しは(普通は)得策ではないと思います。また市場の反響具合などのフィードバックをもとに行う価格訂正も売主に任せっぱなしになるのならそれも大変まずいことだと思います。

もう1つメリットにあげられている、多くの人の目に触れるというのも意味ありません。中古住宅の買主は、当該売出し物件中心にした比較的狭い範囲の中に存在する確率が高いです。仲介業者業は、しつこくポスティングや狭域折込みチラシを入れて買顧客を見つける泥臭い努力をします。ネットで遠隔地の人の目に触れてただけで成約に結び付くことはほぼないでしょう。

なお、詳細は分かりませんが、どうやらソニー不動産が、売り側にも買い側にも係わるようです。個人が売り出すにしても、WEB上に間取図や写真、物件概要などが必要ですし、ローンや引渡しなどで業者が介在しないと、個人が総て処理するのは不可能に近いでしょう。
しかしそうなると、ソニー不動産がああれだけ非難し、自らはやらないと言いていた、両手取引を行うことになると思うのですが、その辺はどういうふうに説明されるのか興味があります。

情報が少ないので、言われている不動産売買の新プラットフォ-ムがどういうものになるのかわかりませんが、現状では不動産流通業において、スタートでこけたソニー不動産のV字回復につながるようなものではないと思われます。そこで気になるのは、今回ソニー不動産は、ヤフーから18億円の出資をうけ、ソニーからも約10億円の追加出資受けて、B/Sを大きく膨らませたことです。

今後、賃貸管理やリフォーム以外でも買取再販業とかにも手をだしてくるのか(仮にそうなったら今までの流通革命とかのキャンペーンは何だったのか)今後のソニー不動産社の戦略が注目されます。

ヤフーはソニー不動産の技術力を買っているようですので、ソニー不動産もかつてのアイディーユーのような不動産会社というよりはIT会社という方向に進んでいく可能性があります。
その場合は人件費という固定費がより大きくなるでしょうね。いずれにしろ、迷走という印象です。


<スポンサーリンク>



<スポンサーリンク>

カテゴリー: 不動産流通 パーマリンク